レクサス CT200h バージョンC 概算買取り査定額 最高の価格

MENU

レクサスCT200h バージョンCの概算買取り査定額を最高の価格にする方法

レクサスブランドが日本で展開されるようになって、もう10年になります。その間、レクサスというブランド名が高級車としてのイメージを持たれるように、トヨタも努力をしてきました。

 

 

結果として、レクサスブランドの知名度も上がり、同時に中古車の価値も向上してきました。

 

 

レクサスCT200h バージョンC高値査定される理由は、このようなブランドイメージによるものもありますが、今まで国産車には存在しなかったプレミアムコンパクトカーであることも一つの要因です。

 

 

輸入車では、BMW1シリーズやベンツAクラス、更にはアウディA1やA3が該当しますが、全長4メーター強の小型車であっても高級感を求める需要はあるのです。

 

 

このような需要を受け入れることができたのがレクサス『CT200h』であり、他に競合車種がないため売れ行きは好調です。

 

 

日本には日本なりの売れ筋というものがあり、ハイブリッド車という燃費がいい車の人気は、海外から見る以上に高いものがあります。

 

 

ただし、新車購入価格は安くても400万弱であり「プレミアムコンパクト」というためには、高グレード仕様にする必要がありますから、500万円近くのプライスになります。

 

 

しかし、このグレードにすると後日中古車買取相場はかなり有利になります。

 

 

最高グレードのバージョンLの新車価格は470万弱ですが、2回目の車検を控えた4年落ちの200万円を超えています。

 

 

他の国産車の値段の落ち方と比べれば、有利さは言うまでないはずです。

 

 

高級感を出しているとはいえ、車自体はプリウスがベースです。

 

 

しかし、レクサスブランドを付けた以上は、作り込みに念が入っていることは言うまでありません。

 

 

このような努力がレクサスCT200h バージョンCが査定される理由です。